ご挨拶

 このたび,令和4年度日本植物病理学会大会を令和4年3月27日(日)〜29日(火)の3日間,札幌コンベンションセンターを会場に開催する計画を立てましたので皆様にご案内させていただきます.北海道での大会は,平成26年6月に札幌コンベンションセンターで開催された平成26年度大会以来8年ぶりとなります.
 新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により,不本意ながら令和2年3月開催予定だった鹿児島大会は中止となり,続く令和3年3月開催の三重大会はオンラインによる運営となりました.賛否議論がありました東京2020オリンピックおよび東京2020パラリンピックは1年開催が延期され,幸いなことに大きな混乱なく終了したものの,残念ながら日本各地の新型コロナウイルス感染症の終息は全く見通せず,今も予断を許さない状況であることは言うまでもありません.今後とも関係各所と情報を共有しつつ,大会開催方式が決定しましたらできるだけ早く皆様にお知らせする所存です.
 これまで,北海道における大会は,天候等を考慮して5月〜6月に開催され,ご参加される皆様には,北海道の春から夏の心地よい自然を満喫できるとの期待が高かったものと思います.しかしながら,令和3年4月に発足した一般社団法人日本植物病理学会としての責務を全うするため,年度内の大会開催が避けられないことになりました.諸条件が整って通常の開催となった場合,皆様には3月下旬の寂寥感漂う厳冬から木々が芽吹く早春への移ろいを味わっていただき,これも一興と楽しんでいただければ幸いに存じます.多数の皆様のご参加を委員一同,心よりお待ちしております.
令和4年度日本植物病理学会大会委員長
国立大学法人 北海道大学
北方生物圏フィールド科学センター
教授 近藤 則夫